アイバード代表をご紹介します

名   前 : 吉岡 久一
生年月日 : 1958年(昭和33年)
所   在 : 君津市在住
身   体 : 頚髄損傷C4レベル
         不全四肢麻痺

― 1990年1月、趣味であったハングライダー飛行中、着陸失敗により転倒 ―
この事故により首を骨折、手足の自由をほとんど失う重度障害者となりました。
辛いリハビリを乗り越えながら、自分らしく生きる努力を続け、退院後は家族の介護を受け、在宅勤務という形で職場に復帰。 しかし、いつしかボランティア活動に目覚めた吉岡氏は、職場を退社し、地域の社会活動に積極的に参加するようになりました。その後、「どんなに障害が重い人でも、住み慣れた地域で生活をおくれるように支援する」という自立生活センターの活動を知り、やがて「自立生活センター太陽」の事務局長となりました。
平成15年、「自分らしく生きる」という意志を持ち続ける吉岡氏は、家族と住む家を出て、君津市でアパート生活をはじめ、本人の積極的な考案のもとに住宅改造や福祉機器の活用を実践し、一人暮らしの自立生活を開始します。
現在、障害当事者の立場に立った様々な経験を生かし、平成20年3月より、ヘルパー派遣事業所『アイバード生活支援センター』を立ち上げ、代表という職務につきながら、ピアカウンセリングや地域福祉活動、講演活動など行い、精力的に活動しています。
長い経過の中で、本人を取り巻く社会の大きな変化とともに、生き方を模索し自己表現を果たしている吉岡氏は、現在も「自分らしく生きる」努力を続けながら、地域の中で明るく生きいきと生活しています。


ページトップへ

講演活動による福祉設備情報

障害者向けサービス

高齢者向けサービス


お問合せ

◆ 行政リンク ◆

千葉県健康福祉障害福祉課 君津市のホームページ 木更津市のホームページ 袖ケ浦市のホームページ 富津市のホームページ

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

電クルブログ